arrow
menu menu
HOME > 一般歯科

一般歯科 General dentistry

虫歯や歯周病の治療、入れ歯、かぶせ物など、
歯科医院に通院した際に受ける
保険診療内での治療を一般歯科と考えてください。

厚生労働省が作成したルールの範囲で、検査→診断→治療を進めます。これを保険診療と呼びます。保険診療では、治療方法、使用する材料、治療回数、期間などが細かく規定されています。一方、このルールに制限されない診療を自由診療と呼びます。
治療を進める際には、必要に応じて「保険診療」と「自由診療」のメリット・デメリットをご説明します。その上で、患者さんご自身に選択していただき、診療を進めます。

一般歯科

虫歯や歯周病の治療、入れ歯、かぶせ物など、歯科医院に通院した際に受ける保険診療内での治療を一般歯科と考えてください。

一般歯科

保険診療とは、厚生労働省が作成したルールに則った検査・診断・治療を指します。その際に使用される材料や治療方法、あるいは治療回数や期間なども、すべてにわたって事細やかに規定されていて、そのルール内で認められた範囲で診療を行います。

治療を進める上で必要に応じて患者様に、保険診療または自由診療のメリットとデメリットをご説明し、今後のライフスタイルにあった方法をご選択いただいてから診療を進めていきます。

虫歯治療について

虫歯の治療では、虫歯の部分を削る処置を行います。必要以上に削ることはなく、極力歯を保存するように細心の注意を払っています。 削った後の形態は複雑になります。削った穴を埋めるために、つめ物(インレー)もしくは、かぶせ物をします。
虫歯がかなり進行していたり、歯の根の先端に細菌が感染して膿が溜まっている場合には、神経の処置を行うことがあります。 症状が改善しなかったり、骨への感染を防ぐために歯を抜く場合もあります。

一般歯科

一般歯科

虫歯の進行状態を確認し、ひどく痛む場合には神経を取ります。 その後、根管内(神経の管)を消毒して細菌を除去し、細菌が入り込まないように薬を詰めます。 ただし、歯の根っこが割れ、修復ができない場合などは、抜歯をしなければいけないケースもあります。

抜歯には理由があります!

抜歯が必要となるのは、以下の4つのケースが大半です。

1.虫歯が進行している
虫歯の進行を放置しておくと、「歯ぐきが激しく痛む」「歯を支えている骨が溶ける」など、さまざまなトラブルを引き起こします。また、歯の根の先端が細菌に感染し、膿がたまっている場合には、骨などへの感染を防ぐために歯を抜く場合があります。

2.歯周病が進行している
歯がぐらつくほど歯周病が進行しているということは、それだけ多くの細菌が生息しているということです。このような状態の歯をそのまま残しておくと、周囲にある健康な歯まで歯周病に侵されてしまう可能性があります。そのため、歯周病が進行している歯は、口の中全体の健康のために抜かなければいけなくなります。

3.歯の根っこが割れている
歯の根っこにヒビが入っていたり割れていたりすると、そこから細菌が入り込みます。 細菌によって、歯の神経が侵され、激しく痛む・歯ぐきが腫れる・顎を支える骨が溶ける、というような症状が起こります。 治療では、ヒビの修復を試みますが、食事などによって毎日歯に衝撃が加わるため、塞ぎきれない場合もあります。このような場合には、周囲の歯や歯ぐきなどへの影響を考慮して、抜歯を選択することがあります。

4.治療をしても症状(痛みや腫れなど)の改善がみられない

歯周病治療について

一般的には保険範囲内での治療が可能です。近年、歯周病治療についての技術はめざましい進歩を遂げています。「歯がグラグラしてきたから何とかして!」とならないように、今から出来る予防を定期的にしていくことが大切です。少しでも気になりはじめたら、まずはご相談ください。

一般歯科

一般歯科

当医院からのご案内

当医院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です。
厚生労働省地方厚生事務所に届出を行っている認定科目は下記の通りです。

<認定科目>

○(歯科外来診療環境体制加算)第186号
○(歯科治療総合医療管理料)第200号
○(かかりつけ歯科医機能強化型診療所)第7号
○(在宅療養支援歯科診療所)第122号
○(在宅患者歯科治療総合医療管理料)第34号
○(地域医療連携体制加算)第262号
○(歯科訪問診療料)第202号
○(歯科口腔リハビリテーション料2)第222号
○(歯科用CAD/CAMシステム)第388号
○(歯周組織再生誘導手術)第98号
○(補綴物維持管理料)第1433号
○(酸素の購入価格の届出)第7873号

当医院からのご案内

当医院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です。
厚生労働省地方厚生事務所に届出を行っている認定科目は下記の通りです。

<認定科目>

○(歯科外来診療環境体制加算)第186号
○(歯科治療総合医療管理料)第200号
○(かかりつけ歯科医機能強化型診療所)第7号
○(在宅療養支援歯科診療所)第122号
○(在宅患者歯科治療総合医療管理料)第34号
○(地域医療連携体制加算)第262号
○(歯科訪問診療料)第202号
○(歯科口腔リハビリテーション料2)第222号
○(歯科用CAD/CAMシステム)第388号
○(歯周組織再生誘導手術)第98号
○(補綴物維持管理料)第1433号
○(酸素の購入価格の届出)第7873号

 
Copyright(C) Nishikawa Dental Clinic.HOME
休診日
木・日・祝祭日
急患随時
pagetop home pagetop